New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どこにもない場所 

2009/06/26 12:24/Fri | うさぎさん | CM(1) | TB(0)
突然でした。

本当に突然でした。

隣の部屋にいたなゆきさんがパソコンのテーブルの下に足を伸ばしていた私の足の上に
ダッシュで飛び込んできたのです。すごいスピードで、何かを伝えるかのように。
すぐ「パパ!?」と身体を抱き上げましたが、その瞬間もうダメだと悟りました。
それでも約2分程、名前を連呼しました。
私の服に吐血と血尿。
一瞬だけ私の手から離れ、天上を仰ぐように苦しむ。
抱き上げて、それから、ゆっくり、ゆっくりと目を閉じようとしていました。
首が横にくたっと倒れました。

「いやあああああああああああああああああ!!!」
「うそうそ…うそ、うそ、うそ…うそ、うそおおお……」
「パパ、パパ、パパ、パ、パパ…あ、あああああ…いやだあ、うそ、いや、いや」

半狂乱という状態だったと思います。

あとで主治医に電話して死因が知りたいと状況説明をしたところ、
「9歳半という高齢だから寿命と考えて言いと思う。おそらくは心不全よ」とのことでした。
「…長時間、苦しまなかったですか?」
「ほんの一瞬のことだったと思うわよ」
「…どうして、最期に私のところへ来たんですか」
「そりゃ一番助けて貰いたい人だったからに決まっているじゃない」

みくしのうさぎコミュでこのことを相談してみたところ、易しい答えばかりが返ってきた。

9歳半まで生きながらえさせたこと、
最期は普通はどこかに隠れて死ぬ物なのに、辛いだろうに走ってあなたのところまで来たこと、
抱き上げて(抱っこを嫌がらず)看取ってあげたこと、
ここまで心配して悔やんで嘆いているあなたのこと、
どれだけうさぎを愛しているかわかるから、

素晴らしいと。立派だと。あなたに飼われる動物は皆幸せでしょう。皆、口を揃えて言ってたけど。



違うよ。
全然違う。



そんな風に言わないで。苦しくなる。何もしてあげられなかったのにと苦しくなる。
私はなゆきさんに甘えて依存していただけ。
この日、私はヤフオク代理出品物の説明文を書くために1日中それに没頭していた。
紙をびりびりと破ったりして不満を表していた。でもこれが片づいたら明日一緒にいられるから。
そう、明日があるから我慢してねとおでこをこつんと軽く叩いた。


でもその「明日」がやってこないと知っていたら、作業なんてしなかった。しなかったよ…!

いつもベッドの上にいるのに段ボールを挟んでなゆきさんはフローリングの床の向こう側にいた。
こづいたからか、不満があるなら私の近くに来て服を引っ張るのに、来なかった。
…ああそうか、段ボールがあるから来れなかったんだ。

だからただの後悔なの。素晴らしくもなんともない。
でもひとつ。

愛していたのは本当。

あれから何度も自殺しようとした。家族に止められる度取っ組み合いになった。。
あの日の血痕の付いた服を外でもいつまでも着ていた。
写真を40枚くらいカラーコピーして家中に貼った。
なゆきさんの代わりのおもちゃみたいなぬいぐるみをどこに行くにも連れて行った。
一緒にスタジオで写真撮影つもりだった、そのウエディング服をレースをいっぱい使って作った。
あの日使っていたシーツのにおい嗅いでる。なゆきさんの臭いがする。
ネットカフェで長時間なゆきさん関連の物を大量に持って、そこで眠った。家では眠れなかったから。
うさぎのものを買い漁った。だってなゆきさんいるから、ここにいるから。うさぎだらけにするの。

…主治医に閉鎖病棟への入院を勧められた。
なんとかそうはならなかったけど。私となゆきさんを離すひとは許さない。
家には、なゆきさんのものとかにおいとかがまだ残っている。ここから離れたくない。

そう…きっと今はどこかに出掛けているだけ。
もう逢えないなんて信じない。

だって、もう、じゃないと私、死んでしまう。死にたい…じゃなくて。
こんなに毎日苦しいなんて。あれからもう2ヵ月経っているのに。
黙って出て行っちゃった、だけ。だよね?


ねぇ、どこにいるの?
逢いたいよ。
こんなに長い間離れたの初めて。
帰ってきたら、いつもみたいに一緒に眠ろう。
いつもみたいに私の顔とか手、舐めて欲しいな。
耳の下にもキスしたい。そしてくっつきあって。

ブログのタイトルは変えません。いつもいたスペース、空けて帰ってくるのを待っているから。
ペレットもトイレも牧草もフルーツも全部毎日用意してあるの。



…私、今ちょっとおかしくなってる。自覚しているから、大丈夫です。

スポンサーサイト

Timeless Memory 

2009/04/02 08:20/Thu | うさぎさん | CM(0) | TB(0)

  When You Close Your Eyes
  You Can Feel The Love
  Can We Still Be Friends ?
  Timeless Melody

オリジナルなのですけれど、今、いちばんこの話の続きが
描きたいですね。って、途中まで描いてあるのですが。
なかなか完結してくれない。わーん。
私の部屋はラフがいっぱいです。

そして、
なゆきさんと遊んでばかりで、なかなか形にならない…
(遊んでいるつもりはないのですが…っ)

きっと、残された時間を一緒に費やしていきたいのかな。

死に向かって生きているんだよ。
わたしたちは、いっしょにね。
Timeless Memoryもテーマは同じだものね。
だから…なのかな。

だから。


花のような嘘つきに 

2009/04/02 07:20/Thu | 悩みゴト | CM(0) | TB(0)
ご無沙汰していました(>_<)
えーと、先にイベントの報告をさせて頂きますね。
4月26日COMIC1★3
5月5日コミティア どちらも有明です、スペース取れました。
なのでがんばって新刊作りたいと思います。
創作意欲が沸くのでこんなのがいいとかいうコメント、
お待ちしてます、お待ちしてますね~(半分脅しです)。

なんというか…
自分の病気のことは、本当に、説明が出来ないのです。
「あれが出来ているのにこれが出来ないのは何故?」
「突然約束や待ち合わせに遅れるのは何故?」
「元気なのに病気なのって…」

そんなふうに、嘘つきに思われているのでしょうか。
そう思うとかなしくなります。

説明が出来ないだけなのです。
どう言えば伝わるのかと…。

ずっとずっともう何年もそのことだけを悩んでいます。

暗くなっちゃいました。
更に暗くなっちゃいそうですけど、亡くなったうーちゃん
の画像を。ペットショップにいたときから病気で2週間で
亡くなってしまわせてしまったという…
今でも悔やみきれないこです。

そんな適当な名前付けて…。

うーちゃん


匿名希望。 

2009/03/12 02:24/Thu | 新宿・原宿 | CM(0) | TB(0)
メイデン

これはだいぶ昔に撮った写真です。
奈良にいたときに、撮ってもらいました。
服はヴィクトリアンメイデンvお嬢様ぶってみました(笑)。

数年しかいなかったけど…楽しいことも、辛いこともありました。
今となっては、いい想い出かな。
一番辛かったのが頻繁に東京で遊べなかったこと、イベントに
あんまり参加できなかったこと。私はつくづく東京っ子だなーと
思いました。あのですね…東京って、「匿名希望」で生きて
いる気がします。隣の家の人の素性も何もかも知らないで。
多分、だけどね。少なくとも、私はそう。
コンビニで毎日顔を合わせても儀礼的な挨拶しかしない。
「あっためますか」「はい」「ありがとうございました」それだけ。
それ以上、何も干渉しないのが暗黙のルール。

私には…そういうのがとても気楽だった。
でも、奈良に来たら、それが全然違うので、正直戸惑いました。
私のテリトリーの中に無断で入り込まれているようで。
それは厚意だってわかっているんだけど、でも…。

スタバでゆっくりひとりでネームを考えたいのに隣にいる人に
30分も話しかけられたり、仕方なく笑って話を合わせたり。
ぽつり、と雨が降ってきて、あ、だったら買い物していこっと、
と思ったら知らない人に「傘貸すわよ、これ持って駅にいる
息子を迎えに来たの。だからそれまでね」って、え…。
私は断り切れずに駅まで行くことに。この雰囲気、断れない。
歯医者の待ち時間も隣の人に声を掛けられる。
静かに待っていたいのにな…。考え事や本、読みたい。

そういうのが、東京ではなくて、だからプレッシャーだった。
歯医者では「東京もんはきらいや」とか院長に言われて、
多分冗談なんだろうけど、そんなこと言う?とか思った。
発音も全然違う。訛りが理解できなくて会話にならなかったり、
普通のネギが売っていないし、大好きなたぬきうどんがない。
ささいなことだけど、ああ、ここは東京じゃないんだ、って。

コンビニは0時で閉まるし、駅から官舎までバスでないと帰る
ことが出来ない。坂が多いので電動自転車でしか移動は無理。
(私は運転免許を持っていないのですー…)
8時を過ぎると真っ暗で怖かった。なんでネオンがないの?
地上の星座みたいで綺麗なのに。

…だから2ヶ月に1回くらいは新宿へ遊びに行った。
アンソロの原稿料で。
もう、すごく幸せで楽しかった。
帰るのが切なくてたまらなかった。
でも、お洋服を買えたりして、楽しかったかな…。
品プリにも泊まれたし。←この後、新宿とか見て遊んでました。

今は新宿から3コ先の駅から徒歩2分のところに住んでます。
2kのマンション。家から徒歩2分のとこに大抵何でもある。
やっぱり、私はこの街が合って要るんだと思う。
考え方も何もかも。

匿名希望のままでいたい。


今日限りのひとになれるの…誰にだってなれるの。

新宿でどしゃぶりになったって、傘を差し出されることなんてない。
でも、それがいい。それでいいの。…この気持ちわかる?



33と3/1の永遠 

2009/03/08 05:03/Sun | うさぎさん | CM(0) | TB(0)
バナー
いつだって、たったいまが永遠。


確かだと思いたいものはいつも、

解けて消えてなくなっていく。

だけど、もしも。

それでも変わらないものを見つけられたら。

永遠。

その場所を見つけることができたとき。



私は、

どんな気持ちで

その手を離すことが出来るのだろう。


追記を読む

xx HOME xx Old Entries≫
プロフィール

深川美流

Author:深川美流
LIFE LIKE "rie"というサークルで同人
してます。こいびとの名幸さんは今年
10才のうさぎ。ピーターラビットです。
私が家にいない時や眠っているときは
勝手にお財布から現金を抜き取り、
nanacoにチャージし、セブンイレブンで
おでんやパンを買って食べているみた
いです。困ったひとですね。でもラブ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © Lyrical pop World's end All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。